中国株と米国株についてのブログ by トミー

中国株と米国株に関するニュース、経済指標、雑談など気ままに書いてます。主にETFと個別銘柄の株に投資。たまに仮想通貨関連の情報も。

まとめ週末チェック(平安保険・ZA ONLINE・アリババ・山東威高・天能動力) | 2020/01/17時点

●米中貿易戦争が落ち着いたおかげで中国株市場全体が上昇!

ひさびさの週末チェックということで、多めの銘柄をピックしてみたいと思います。例の貿易戦争が落ち着いてきたこともあり、中国株市場全体が上昇。個人的にも保有銘柄全体が恩恵を受けているような感じでいい感じです。

 

しかし中国はやっと上向いてきたという感じとはいえ、米国市場は過熱気味なので、米国がガクッとくるタイミング(2月~5月くらい?)でまた落ちるのでは??と追加投資については様子見な感じです。がっつり落ちたら追加で買い増ししたいですね。

 

では週末チェックです。

 

●平安保険(2318.HK)はボックス圏を上抜け

やっとボックスを抜け出した平安保険。PERもまだまだ低いので、市場が盛り上がればは、PER12倍、つまり120ドルくらいは行くのでは?と思ってます。

 

f:id:namikokochi:20200118183016p:plain

↓上向いてきたけど、引き続きPER的には低めレンジ内

f:id:namikokochi:20200118181512p:plain

平安保険のPER推移

 

●テンバガー期待の ZA ONLINE(6060.hk/衆安保険)は大幅上昇

このブログでは何度かZA ONLINEの保険収入をフォローしていますが、株価的には昨年の10月頃に底を打って上昇トレンドに入ってます。すでに2018年9月の株価を超えてきている状況なので、勿論業績次第ですが、黒字になったりした日にはまずは75ドル!みたいな大幅上昇を期待できるかもしれません(保証はないけど夢がある銘柄!)。クラウド銘柄なんで引き続き大幅上昇へ期待です。

 

f:id:namikokochi:20200118183710p:plain

 ●アリババ(BABA)は新高値更新中!

業績は好調なのにGAFAの株価に比べるとさえなかったアリババですが、ここにきて新高値をつけさらに上に行きそうな雰囲気を醸し出しています。米中貿易戦争が落ち着いたことが影響しているのかなと。EPS8.47xPER30で254ドルくらいは行きそうだとみているのですが、この株のサイクルは長く、辛抱が必要な印象をもってます。どうなるかな。

 

f:id:namikokochi:20200119110449p:plain

BABA

↓PER推移

f:id:namikokochi:20200119111438p:plain

 

山東威高(1066.HK)引き続き上昇中

カテキ●大先生もお気に入りと推測している企業です。新高値が近いかも!ですね。マネックスのサイトで見ると、予想EPSが0.47ドルなんで、現在のPERをあてはめると12.65ドルくらいになります。業績好調、そして株価も期待です。

 

f:id:namikokochi:20200119112036p:plain

山東威高

 

●天能動力(0819.HK)の株価がやっと上がってきたものの・・

 一番悩ましいのがこちら。子会社の上海証券取引所・科創板の上場申請が受理されたという良いニュースがあるのですが、1月に入ってなぜか筆頭株主と天能動力が共同出資でリース事業を行う会社を設立するというニュースが・・上場企業なのに、これって会社の私物化ではないの??と疑ってます。しばらく様子を見ますが、あまり良くない兆候ですね。

 

なお利益は出ているものの、成長率が低くなったためPERは低い状態です。配当利回りが高いので我慢してホールドできますが、次の決算でも成長が無いならそろそろ潮時かもという見方をしています。チャートを見るといよいよ上昇サイクルへ?とも見えなくもないですが・・悩ましい。

 

f:id:namikokochi:20200119113203p:plain

0819.HK

 

テンセントや香港証券取引所とかもレビューしたかったけど今日はここまで。。

香港デモの影響で高利回り香港Reitがバーゲン状態

Reit premium icon

 

●高利回り香港Reitがバーゲン状態に

香港デモの影響は大きく、香港現地のビジネスは大きく営業を受けています。ニュースでもよく流れていますが、ホテルや観光スポットにある観光業や小売業はダメージが大きいようです。そのため関連不動産業も大きく影響をうけており、株価が大幅に下がり、年末年始セールスよろしく、バーゲンセール状態が続いています。

 

●このまま香港市場は回復しないのか?デモはどうなるのか?

未来を見ることはできないので、過去の経験から学ぶことにしましょう。ズバリ答えは、必ず香港市場は回復する!と言い切れます。過去にも何度も暴落を経験していますが、時間をかけて戻ってきているのが事実です。

 

f:id:namikokochi:20200112105926p:plain

※ハンセン指数のチャートはすでに戻しモードに入っているように見える
 

「デモはどうなるの?」という疑問はありますが、振り子のように強硬姿勢と柔軟姿勢を行き来しながら、次第におさまっていくものと見ています。ちなみに台湾の選挙では、香港での失政が裏目に出て、台湾独立派が勢いづいてきましたね。

 

www.nikkei.com

 

●具体的な香港Reit銘柄はどれが良い?

「規模が大きい」「利回りが良い」「バーゲン状態(NAVを使った純資産倍率)」という視点で見ると、以下のReitに注目してます。

 

・Link REIT 香港において時価総額最大のリート

・Sunlight REIT 香港の商業施設を中心としたリート

・Regal REIT 香港のホテルを中心としたリート

※規模が大きく、利回りは3%~6%でNAVが0.5くらいの3銘柄

 

ただしここで大きな問題が一つ・・日本の証券口座ではこれらの商品が購入できないのです!! 海外の証券会社で口座を開くという手もありますが、これはこれでハードルが高いですね。けどインカムゲイン志向のひとは、将来のリターンを考えると選択肢の一つだと思います。

 

海外REITにまずは挑戦!というひとは国内で買えるアジアリートファンドであれば、日本の証券口座で買えるます。

www.nikkoam.com

 

 そもそもなぜ日本で海外REITが買えないのかは勉強不足でわかっておりません。。悪しからず。。

 

 

VIX(恐怖指数)はそんなに低くないけど、Fear & Greedが超絶高い状態

f:id:namikokochi:20200107074823p:plain

Fear&GreedとVIX 2020/01

●VIX(恐怖指数)はそんなに低くないけど、Fear & Greedが超絶高い

ここ数年では珍しい状態な気がします。2018年は恐怖が遠のいて、株価が上がるという関係が強かったけど、足元直近の動きはみんな警戒モードだけど株価が高いという数値に見えますね。生データないので感覚値ではありますが。

 

●いずれにせよ「間もなく」調整が必要そうなくらい株価は高め

暴落とかリーマン再来とかではなく、普通の10%以内くらいの調整が来てもおかしくないフェーズです。ちなみにありがとうアメリカ株によると1928-2019の最大下げ幅を平均したものが16.3%となるそうです。シンプルに30%下落は絶対買い、20%下落は買い、10%下落は一部買い、くらいの感覚でもよいかもしれません。

 

 

 

ZA ONLINE(6060.hk/衆安保険)11月保険収入も好調

●ZA ONLINE(6060.hk/衆安保険)11月保険収入も好調!!

128.5億人民元で+26.3%の増加でした。

下記「★」が11月部分です!成長率がアップ!

 

f:id:namikokochi:20200105014007p:plain




 

1月:915百萬元(対前年29.6%増)

2月:1,653百萬元(対前年23.3%増)

3月:2,621百萬元

4月:3,535百萬元(対前年15%増)

5月:4,588百萬元

6月:5,901百萬元(対前年15%増)・去年同期則淨虧損6.56億人民幣

7月:7,328百萬元(対前年19%増)

8月:8,621百萬元(昨年7244百萬元/対前年19%増)

9月:9,935百萬元(昨年8179百萬元/対前年21.59%増)

10月:11,274百萬元(昨年9,083百萬元/対前年24.1%増)

11月:12,851百萬元(昨年10,174百萬元/対前年26.3%増)★

12月:昨年11,223百萬元

 

f:id:namikokochi:20200105014753p:plain

ZA ONLINE(6060.hk/衆安保険)株価

 ●ZA ONLINE(6060.hk/衆安保険)のチャート

見た感じ30ドル突破は近いような感じ。もしさらに良い材料がでてくるなら40ドルも狙えると思ってます。

 

 

 

天能動力(0819.HK)の株価が上昇中

f:id:namikokochi:20200105011937p:plain

天能動力 0819.HK

●天能動力(0819.HK)の株価が一年半ぶりに上昇

上がっては落ち、上がっては落ちを繰り返すのが特徴の天能動力(0819.HK)ですが、約3か月をかけてWボトムを作り、グググっと株価が上昇中です。春山先生の言う「もりもり」な状態に入ってきており、更なる上昇が来るか!?という状況。

 

●2019年7月開設の上海市場「科創板」にIPO申請

IPO申請をネタとして上昇しているのかと推測。12月から上昇してきているので、中国のインサイダーなんじゃないの?と勘ぐってしまいますが、そこは中国なのでご愛敬。しかし新設された上海の科創板でのIPO申請とは、やっぱりここの経営者は動きが早いなぁと感心しております。

 

www.nikkei.com

 

●今後の方針

この株、天能動力(0819.HK)は配当が悪くないので長くホールド可能ですが(ちなみに昨年は3月末に配当権利発生)、株価が3~5割アップするなら、一度利益確定でもよさそうな雰囲気だと思っています!10ドル越えの時にExitをしていない人たちは特にアクション起こしたほうが良いかもね~ 当面8ドルが目標!

2020年に向けて気になる中国株まとめ

2019年も本日まで!来年も良い株に出会えるといいですね。前から気になっていて、もう少しフォローしていきたい株をまとめてみました。

 

●2020年に向けて気になる中国株まとめ

⇒基本的には時価総額大きめ、業界トップクラス、安定成長等の会社を狙っているつもりです。なお詳細はまだ調べていないので全部が諸条件に当てはまるわけではないで悪しからず。

 

・金融系:中銀航空租賃(02588.HK)

     平安保険(2318.HK)

・医療系:石薬集団(1093.HK)

・日用品:恒安国際集団(1044.HK)

     ピジョン(7956.日本)※中国株ではないですが、市場関連株として

 

・インフラ系:北控水務(00371.HK)

ETF :盈富基金(2800.HK) 

・テンバガー狙い:衆安保険、天能動力、山東威高、

・5Gネタ:Hua Hong Semiconductor(1347.HK)

・リート等:

 ・Link REIT 香港において時価総額最大のリート

 ・Sunlight REIT 香港の商業施設を中心としたリート

 ・Regal REIT 香港のホテルを中心としたリート

 ※規模が大きく、利回りは3%~6%でNAVが0.5くらいの3銘柄

 

ではよいお年を!

 

 

Fear & Greed 指数 を2011年まで遡ってみた

年末なので振り返りを兼ねて、Fear & Greed 指数の画像を検索して引っ張ってきました。上から順に新しい画像です。直近はめちゃくちゃ上がっていて、Greed(欲張り)な状態、つまり過熱気味な感じです。

 

傾向をまとめてみるとこんな感じ。二重丸の年は精神的には安定した1年で、Xの年はびくびくして過ごした年という感じかな?

 

こうやってみると二重丸が続いた年は過去9年間ではないので、2020は要注意ということで身構えて損はないかと。X→〇→◎→X→リピートのサイクルくらいが多いので、一番要注意は2021年かな・・この手の話は当てにならないので、聞き流しておいてください。

 

年/80以上/10以下/総評

2019:有 / 無 ◎

2018:無 / 有 X

2017:有 / 無 ◎

2016:有 / 無?  〇

2015:無 / 有 X

2014:有 / 有 △

2013:有 / 無 ◎

2012:有 / 有 △

2011:無 / 有 X

 

 

f:id:namikokochi:20191221080755p:plain

2017-2019/12/21



 

f:id:namikokochi:20191221075837p:plain

2016-2018

 

f:id:namikokochi:20191221075913p:plain

2015-2017

 

f:id:namikokochi:20191221080042p:plain

2013-2015

 

f:id:namikokochi:20191221080201p:plain

2011-2013

 

「Fear & Greed Over Time 2010」の画像検索結果